先輩社員
インタビュー

Interview

ENTRY

それではよろしくお願い致します。
まずは自己紹介をお願いできますか?

住宅事業部所属の寺本健一と申します。
現在、滋賀県で主に不動産業をメインとしたお仕事をさせていただいております!
出身は山口県で、大学進学を機に滋賀県に来ました!

匠工房を知ったきっかけは、合同説明会に参加したことです。
「匠工房ではスポーツをしている人材を求めている」ということで、お声掛けをいただきました。また、『地域密着経営』かつ人が生活をしていく上で重要な衣・食・住の『住』においてすべてを兼ね備えていることから、「どのような会社なのだろう」と興味が沸きはじめたのがきっかけとなります。

入社したきっかけと言いますか、
どんな理由で入社を決めましたか?

合同説明会では、仕事内容や社員の1日のような内容を聞くだけになるため、実際にインターンシップ実習に参加しようと思いました!
当日になり、最初は自分から話していくことに躊躇していたのですが、先輩方からフレンドリーに接していただき、次第に緊張も解けていきました。

社内の雰囲気も良く、仕事のオン・オフの切替えがしっかりしていることから、自分が仕事をするイメージや仕事環境が整っていることを確信し、入社を決意しました。

お仕事は具体的にどんなことをするのですか?

主に、土地・建物の仲介・新築住宅の提案などがメインになります。
接客業にはなるので、お客様のご要望をもとに紹介することは勿論ですが、この業界のプロとしてご希望している物件のメリット・デメリットをお伝えすることが必要です。
接客が仕事の大半を占めますが、それ以外にもお家の写真を撮ったり、看板・のぼりの設置、市役所へ物件の調査へ行ったりなど、業務は幅広くあります。

ぜひインターンシップにご参加いただき、自分の肌で感じていただくと良いですね!

入社して苦労したところはありますか?

私が取り扱っている商品は、何百万円~何千万円の世界。
お客様が一生過ごしていく住まいを提供しています。

お客様が安心して住宅を購入いただくために、まずは自分が不動産のことを理解することが必要です。専門用語や法律など、聞く言葉すべてが分からなかったため、何から手を付けていいかも分からない。この状況に私は一番苦労しました。

やりがいや楽しいところを教えてください。

今でも鮮明に覚えていて、分からないことだらけから始まった不動産業。

自ら学んだこと、先輩方から教えていただいたことをお客様にご提案し、ご契約いただいたときは先輩方も喜んでくださいました。そして何より、ご契約いただいたお客様から「寺本さんで良かった」と仰っていただけることが今の私のやりがいであり、楽しいところです。

今の仕事を通して成長したなー。
変わったなー。と思うところはありますか?

街では、色んなお家を見ることができます。
今までは、家を見ても感じることは全くなかった視点も、不動産業界に入ったことで家一つ一つをじっくり見たり、興味が沸いてきたりなど、不動産に対しての意識がかなり変わりました。

将来こうなりたいといった目標や未来の自分像はありますか?

勿論目指しているのは、全社売り上げ1位を目指しています!
売上もですが、これから部下もできてくるなかで、接客に関しても私生活に関しても見本となれるような存在になることが、今の私の目標です!

Message

それでは最後に
これから入ってくる就活生に向けて一言いただけますか?

これから約40年間働いていく中で、「新卒」と言われるのは入社してからの1年間だけ。
約40年ある中で、「この1年をどのように過ごすか」がこれからのキャリアを左右することになると、私自身実感しました。
これから入ってくる就活生には、その重要性をしっかりと理解した上で、これからの就職活動に力を入れていただけたらと思います。
皆さんと一緒に働ける日を、心よりお待ちしております!!

新卒営業社員
新卒営業社員
新卒営業社員
新卒営業社員

匠工房で働く先輩に
”ホンネ”
聞いてみませんか?

匠工房で働く先輩に、実際の仕事内容、
社内の雰囲気、仕事の本音を聞いて、
匠工房のことをもっと知ってみませんか?
是非お気軽にお問い合わせください。

OB・OG訪問